【八木裕 神眼スコープ】阪神・ロサリオ、基本に立ち返れ - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【八木裕 神眼スコープ】阪神・ロサリオ、基本に立ち返れ

更新

二回、簡単に三振に倒れるロサリオ  阪神・ロサリオは緩急の対処方法に苦しみ、精神的にも追い詰められている。

<< 下に続く >>

 打席に入るとバットで地面に線を引き、足の位置を確認し、これ以上出ないように意識付けしているが、それがまた体の動きと反応を窮屈にしているようだ。

 今の状況を脱するには球をしっかりみるという基本に立ち返るしかない。

 はっきりいって、プロ野球選手に対して助言することではないかもしれないが、それを徹底すること。彼の打撃をみていると、打つときに目をつむっているときが、よくある。実際、打者はインパクトの瞬間まで見えているわけではないが、そういうイメージが必要。だからこそ、練習方法を工夫するしかない。

 たとえばフリー打撃で直球、変化球とランダムに投げてもらうこと。球種によって左のかかとを落ろすタイミングを考えたり、打つポイントを変えたり、練習で体の反応を確かめることができる。投手が何を投げているのかを認識し、タイミングをはかるという作業をしなければいけない。

 それでも矯正できなければ今後、一度、スタメンから外し、ベンチから他の選手の対応力を勉強させるのも手だろう。ここまでくると、原点回帰しかない。(サンケイスポーツ専属評論家)

ランキング

PR