大谷、1カ月ぶり3勝!イチロー激賞「そりゃあ対戦したい」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

大谷、1カ月ぶり3勝!イチロー激賞「そりゃあ対戦したい」

更新

大谷が納得の3勝目。マリナーズ3連戦は投打で“ベンチ裏の先輩”にアピールした  マリナーズ2-8エンゼルス(6日、シアトル)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)はマリナーズ戦に先発し、6回0/3を投げて6安打2失点6奪三振で3勝目(1敗)を挙げた。右手中指のまめや左足首捻挫の影響も感じさせず、本人も納得の投球で4月8日以来、約1カ月ぶりの白星。チームは8-2で快勝し、対戦が実現しなかったマ軍のイチロー会長付特別補佐(44)もベンチ裏で絶賛した。

<< 下に続く >>

 ダッグアウトの奥にいるイチローに、グラウンドで雄姿をみてもらいたかった。大谷が打者として2安打を放った4日(日本時間5日)に続き、今度は投手として躍動した。右手中指のまめや左足首捻挫などアクシデントに見舞われた二刀流が、中11日の登板で3勝目。約1カ月ぶりの勝利を手にした。

 「まず勝てて、カード勝ち越しができてよかった。1勝1敗で来ていたので、今日勝つかどうかっていうのは(マ軍は)同地区ですし、違うんじゃないかなと。個人的にもチームとしても、勝てたのはすごく良かった」

 過去4度の登板から明らかな変化があった。これまではストレートとフォークが軸で、右打者へのスライダーを織り交ぜるのが投球パターンだった。今回は最速99マイル(約159キロ)の直球にフォーク、さらに左打者へのスライダー、119キロのカーブも駆使し、イチローのいないマ軍打線を翻弄した。

 「今日に関しては、カーブをしっかり使っていくっていうのを、マウンドに行く前には決めていた。カーブの状態も良かったですし、そのおかげで使えていたかなと思います」

 この日は正捕手のマルドナドが忌引で欠場し、控え捕手のリベラとバッテリーを組んだ。リベラはマ軍に所属したこともあるベテランで、試合前にはマ軍の左打者がスライダーに弱いというデータを元に入念に話し合い、新たな配球パターンで的を絞らせなかった。七回に2ランを浴びたものの、六回まで無失点の好投で相手エース、通算164勝投手のヘルナンデスに投げ勝ち、カード勝ち越しに導いた。

 3日(同4日)にマ軍の会長付特別補佐に就任を発表し、今季の欠場が決定したイチローの感想は正直だった。試合中はベンチ裏でトレーニングをしながらテレビ観戦していたという44歳は、「そりゃあ、対戦したいですよ。そりゃそうでしょう。直接やればねえ、こんなボールだったとか言えるんだろうけど…」。天才打者は悔しそうな表情も見せつつ、「なかなか欠点が見つけづらい。いいピッチャーだったということは分かるし、ちゃんとしたいいバッター。特別な才能ですからね、あれは。165キロ投げて。そりゃあ、単純に見てみたい。それはあるね」と独特の表現で称賛した。

 メッセージを伝え聞いた23歳も「ありがたいです。今回もしかしたら、(対戦)できるかもしれないと思っていたので。そう言ってもらえたのは、ありがたいなと思います」と感謝した。

 イチローは来季現役続行の可能性があり、日本が輩出した2大スターによる競演が、メジャーの舞台で実現する可能性は、まだ消えていない。全米を席巻する投打二刀流はレジェンドとの対戦を夢見て、唯一無二の才能を伸ばしていく。

大谷についてエンゼルス・ソーシア監督「素晴らしかった」

バッテリーを組んだエンゼルス・リベラ「キャンプでも多く受けてきたから、どういう投球をしたいか分かっていた」

★マ軍感嘆

 七回に7番ヒーリーの2ランで一矢を報いたものの6安打2得点と封じられたマ軍は大谷の才能を絶賛した。2安打のシーガーは「初対戦の投手がどの打者にとっても難しいのは同じだが、いい球を持っている。彼の素質は本物だと思う」と印象を口に。サービス監督は「球威もある。変化球は全て本物。マウンドでの自信もそうだ」とたたえた。2日前に打者として2安打を放った二刀流に対し、シーガーは「本当に特別な選手だ。われわれはこれまでに見たことがない」と感嘆した。

ランキング

PR