【一問一答】イチロー「(大谷と)対戦したいですよ。そりゃ、そうでしょう。したいですよ」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

【一問一答】イチロー「(大谷と)対戦したいですよ。そりゃ、そうでしょう。したいですよ」

更新

試合前、ベンチに姿を現したマリナーズ・イチロー=シアトル(撮影・リョウ薮下)  マリナーズ2-8エンゼルス(6日、シアトル)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)はマリナーズ戦に先発し、6回0/3を投げ6三振を奪うなど6安打2失点と好投し、3勝目(1敗)を挙げた。マ軍の会長付特別補佐に就任したイチロー(44)はテレビで戦況を見つめていた。試合後の一問一答は以下の通り。

<< 下に続く >>

 --今日もまた(特製トレーニング)マシンをやりながらテレビで観戦

 「そうです、おんなじです」

 --大谷の印象は

 「テレビで見ている印象だから、日本で見ている人と変わらない印象になってしまう。直接やれば、こんなボールだったとか言えるんだろうけど、(目線が)みなさんと同じですから。なかなか生きたコメントになりづらいですよね。だって、全部テレビですからね。だってブラジルで見ているのと同じですから。同じことなんでね。そこにいるんだけどね。難しいです。気のきいたことは、なかなか。ただまあ、いいピッチャーだったということは分かるし、ちゃんとしたいいバッターというのはこの3日間、それぞれ1日ずつだったけどね。なかなか欠点が見つけづらいかな。(身長は)194センチでしたっけ?」

 --そうです

 「194センチのおじいちゃんになることぐらいですかね。欠点は。それ、しんどいかもしれないけど、だいぶ先のことなんで、現段階では(欠点は)なさそうですね」

 --球種が多い。味方打線に迷いがあった

 「打つ方? まあ、それぞれがきっちり来たら、そらそうなんでしょうけど…」

 --彼の最大の長所は

 「それはまだ難しいでしょう。全部一周して、ある程度、時間をかけて分かってくる」

 --バッターがこれから対応して振ってたボールも振らなくなる。そしてまた投手が対応する…。

 「もちろん、もちろんそうでしょう」

 --対戦したいという気持ちになるもの

 「そりゃあ、対戦したいですよ。そりゃそうでしょう。したいですよ」

 --そうではない投手もいますか

 「まあ、こっちに来る日本人選手は日本でやっている人ばかりでしょ。しょうもない選手はいないですからね。基本的には見てみたい。まぁでも、特別な才能ですからね、あれは。165キロ投げて、そりゃあ、単純に見てみたい。それはあるね」

試合結果へ大谷の打撃成績へ大谷の投手成績へ

ランキング

PR