イチローを待つ!大谷、夢対決へ「今、そこをつかみ取りにいっている段階」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

イチローを待つ!大谷、夢対決へ「今、そこをつかみ取りにいっている段階」

更新

打者・大谷はカーショー(左)の前に見逃し三振に倒れた (共同)  エンゼルス2-4ドジャース(7日=日本時間8日、テンピ)エンゼルスの大谷翔平投手(23)が、マリナーズへの復帰が決まったイチロー外野手(44)との対戦を心待ちにした。この日はドジャースとのオープン戦に「7番・DH」で3試合連続で打者として出場。エースのクレイトン・カーショー投手(29)の前に見逃し三振に倒れるなど、2打数無安打だった。

<< 下に続く >>

 幼い頃から憧れたイチローが、マリナーズと正式契約。米メディアから「投手・イチローは可能だと思うか」と質問された大谷は、「いけると思います!!」と即答した。

 「(イチローと対戦するには)僕が(メジャーの)試合に出る必要がある。今、そこをつかみ取りにいっている段階。反省を生かしながら次回の打席につなげたい」

 この日のドジャース戦では、現役最高の投手と呼ばれる左腕カーショーと対戦。メジャーでも二刀流を目指す上で学ぶことが多い時間になった。

 「1打席だけでしたけど、すごく楽しかった。勉強になることもたくさんあった。一球一球のレベルが高い」。超一流を間近で感じられたことが大きな収穫だ。

 三回の先頭打者としてカウント2-2からのカーブをボールと判断し、バットを止めた。しかし、判定はストライク。三振のコールに天を仰ぎ、ベンチに下がった。

 「自信を持って見送りましたけど、あそこまで(ストライクに)取る人(球審)もいるので、特徴をとらえたい」

 昨年12月、ド軍と大谷の入団交渉に同席したカーショーは「彼はド軍を選ばなかったけど、頑張ってほしいね」とエールを送った。

 四回一死一、二塁ではシュリッター(前西武)に遊ゴロ併殺打。これで4試合、10打数連続で無安打が続く。試合前は9日(日本時間10日)のメキシコ球団との練習試合に備え、ブルペンで33球を投げた。新鮮な刺激を日々感じながら、二刀流の実現へ向かう。

試合結果へ大谷の成績へ

ランキング

PR