大阪桐蔭・根尾、春1号!阪神・畑山チーフスカウト「大したもの」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

大阪桐蔭・根尾、春1号!阪神・畑山チーフスカウト「大したもの」

更新

昨夏の甲子園では背番号「10」で活躍した  高校野球の練習試合が解禁され、選抜大会(23日開幕・甲子園)で史上3校目の春連覇を目指す大阪桐蔭は8日、関学大グラウンドで関西学院と対戦し19-0で快勝した。「4番・遊撃」で出場した今秋のドラフト上位指名候補・根尾昂内野手(2年)が本塁打を含む3安打2打点で勝利に貢献した。

<< 下に続く >>

 1982年のPL学園以来3校目の甲子園春連覇を目指す大阪桐蔭が、練習試合解禁日から強さを見せつけた。24安打で19得点。4番の根尾もチーム“春1号”の好スタートだ。

 「外のボールを強く打てた。振れている証拠だと思う。状態は間違いなく上がっています」

 一回一死一、三塁で右前に先制打を放つと、2四球をはさんで迎えた五回。一死走者なしで外角の直球を振り抜いた打球は、左翼フェンス(ポールまでの距離97メートル)を軽々と越えた。高校通算21号。八回にも右前打を放ち、いきなりの猛打賞だ。

 投打二刀流の今秋のドラフト上位指名候補を、この日早くもプロ5球団が視察。阪神・畑山チーフスカウトは「大したもの、反対方向にあれだけの打球を打てるのは。しっかりタイミングも取れるようになった」と冬の間の成長にうなった。

 練習試合ができない冬の間、根尾が重点的に取り組んだのも、まさにタイミングの取り方だった。

 「1球目でアジャストできるように。『後ろ小さく、前大きく』を繰り返しやりました」

 打撃投手を相手にひたすらバットを振り、身につけた自分の間。左翼への一発は、決して振り遅れではなく、コースに逆らわない確実な打撃だった。

 「まだ0点の回(六回は中飛)があるので課題は多いけど、積極的にはいけたと思う」

 黄金世代の最大目標は史上初となる2度目の春夏連覇。そのためにも、まずは選抜大会優勝をつかみにいく。 (須藤佳裕)

★登板お預け

 関西学院との練習試合は当初2試合が予定されていたが、雨予報のため2試合目は行われず、予定されていた根尾の登板は流れた。冬の紅白戦やシート打撃では遊撃を務める機会が多かったが「投手の一人として数えてもらっている。負けないようにしたい」。この日登板したエース右腕・柿木、長身左腕・横川がともに3回無失点と好投。西谷監督は投手陣の起用法をまだ決めておらず、「競争? もちろん」と尻をたたいた。

根尾 昂(ねお・あきら)

 内野手兼投手。2000(平成12)年4月19日生まれ、17歳。岐阜県出身。河合小2年から古川西クラブで野球を始め、古川中時代は飛騨高山ボーイズで投手としてプレー。大阪桐蔭では1年夏からベンチ入り。昨年の選抜大会では投打で優勝に貢献した。高校通算21本塁打。最速148キロの本格派投手としても評価が高い。右投げ左打ち。1メートル77、78キロ。

センバツ出場校へ

ランキング

PR