阪神・岩田、ミスターからエールもらった!「やったらいいんよ」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

阪神・岩田、ミスターからエールもらった!「やったらいいんよ」

更新

憧れの長嶋氏(左)と握手をする岩田。「やったらいいんよ」と言葉ももらった  阪神・岩田稔投手(34)が7日、東京都内で、顕著な社会貢献活動を行ったプロ野球選手1人に贈られる「ゴールデンスピリット賞」の表彰式に出席。選考委員の1人でもある巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(81)から「やったらいいんよ」とエールを送られ、大喜びだった。

<< 下に続く >>

 病と闘い続けてきた不屈の左腕が、感激の1日を迎えた。高校時代に発症した1型糖尿病患者の岩田は、難病をなくすための研究基金に1勝に付き10万円の寄付。同じ病に苦しむ子供たちを球場に招いてきた。そんな行動が、表彰という形で報われた。

 「マウンドよりも緊張しました」

 そんな緊張をさらにヒートアップさせたのが食事会。隣は選考委員の1人、ミスタージャイアンツ長嶋氏だった。

 「子供の頃から巨人ファンですからね。憧れの人です」。そんなミスターから「シーズン中より太った?」などと気軽に話しかけられ、さらに舞い上がった。そして、心に残った激励の言葉が「やったらいいんよ」。プレーも、社会貢献もさらに頑張れ、という何気ない言葉だったが、岩田には特別に響いた。

 「僕の自伝のタイトルが『やらな、しゃーない』でしょ。何となく似ているじゃないですか」

 セレモニーでのあいさつはミスターの思いを受けて、「現役はいつ終わるか分かりませんが、終わってからも(社会貢献活動を)続けたい」と意欲。新たに「岩田稔基金」の設立も発表し、今後も希望の星として頑張ることを誓った。 (上田雅昭)

ランキング

PR