SANSPO.COM for mobile

試合
速報

侍ジャパン・稲葉監督が“初采配” 「みやざきフェニックス・リーグ」で日本ハム指揮

更新

試合を終えて、報道陣の質問に答える日本代表・稲葉監督=宮崎県・天福球場(撮影・林俊志)  11月に東京ドームで開催される国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」で初陣を迎える日本代表の稲葉篤紀監督が25日、宮崎県日南市で行われた秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」の試合で日本ハムを率いて“初采配”を振り、広島と6-6で引き分けた。

<< 下に続く >>

 代表戦に臨む前に、監督としての経験を積むことが狙いだった。試合は1-1で迎えた終盤に両チームが激しく点を取り合う展開となった。日本ハムは2-5の九回に一挙4点を挙げて逆転したが、その裏に投入した公文が同点を許し、逃げ切りには失敗した。

 稲葉監督は「非常にいい経験をさせてもらった。終盤は難しいなと思った」と振り返った。日本ハムは日本代表に選ばれている近藤、松本、堀が出場した。

 稲葉監督は26日にもフェニックス・リーグで日本ハムの指揮を執る。日本代表は11月9~13日に宮崎市内で強化合宿を行い、同16日から韓国、台湾が参加する大会に臨む。

ランキング

PR