ダルビッシュがPS2勝目でド軍は29年ぶりWS進出に王手 6回1/3を7K1失点 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合
速報

ダルビッシュがPS2勝目でド軍は29年ぶりWS進出に王手 6回1/3を7K1失点

更新

カブス戦に先発したドジャース・ダルビッシュ=シカゴ(共同)  カブス1-6ドジャース(17日、シカゴ)米大リーグのプレーオフはナ・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)の第3戦が行われ、ドジャース(西地区1位)はカブス(中地区1位)を6-1で下し、3連勝。1988年以来、29年ぶりのワールドシリーズ進出に王手をかけた。先発のダルビッシュ有投手(31)は6回1/3を投げ7三振を奪うなど6安打1失点でポストシーズン2勝目。日本投手としては同僚の前田健太投手(29)に続く4人目で、チームを勝利に導いた。

<< 下に続く >>

 敵地で登板したダルビッシュ。一回に2番・シュワバーに投じた初球を左中間席に運ばれ先制を許したが、二回から六回まではゼロを並べた。七回、空振り三振で一死を取ったところで、ド軍は2番手・ワトソンに継投。3番手・モロー、4番手・ストリップリング、守護神ジャンセンとつないだ。

 味方打線はダルビッシュを援護。二回、5番・イーシアのソロ本塁打で1-1の同点に追いつくと、三回、一死走者なしから1番・テーラーのソロ本塁打で2-1と勝ち越し。五回には、先頭のピダーソンが二塁打で出塁すると、ダルビッシュがきっちり犠打を決め一死三塁。テーラーが適時三塁打を放ち3-1とリードを広げた。六回には二死満塁からダルビッシュが四球を選び追加点を挙げ、4-1。八回には暴投と犠飛で2点を追加し、突き放した。

試合結果へPS日程へダルの成績へ

ランキング

PR