燕・山田の父、30盗塁達成に「まだ打率があるが…うれしい」 - SANSPO.COM(サンスポ)

試合速報:

野球速報 サッカー速報

燕・山田の父、30盗塁達成に「まだ打率があるが…うれしい」

更新

試合後取材を受けるヤクルト・山田=横浜スタジアム(撮影・塩浦孝明)  (セ・リーグ、DeNA6-1ヤクルト、19回戦、DeNA12勝7敗、6日、横浜)ヤクルト・山田哲人内野手(24)が6日、DeNA19回戦(横浜)の一回に今季30盗塁目となる二盗を決め、同一シーズンで打率3割、30本塁打、30盗塁をマークする「トリプルスリー」達成を確実にした。

<< 下に続く >>

 山田の父・知規さん(58)は外出先で母・則子さん(55)から連絡を受け、30盗塁達成を知った。「まだ打率がある(確定していない)が、達成してくれたらうれしい」と偉業を喜んだ。8月4日の広島戦を神宮で観戦した際には、7月30日の巨人戦(東京ドーム)で背中の左側に受けた死球の跡を目の当たりにした。「黒ずんで、しこりのようになっていた。『もみほぐした方がいいのでは』というと『痛くて触れない』と。大きなけがは初めてだったが、よく頑張ってくれた」とねぎらった。

試合結果へ

ランキング

PR