SANSPO.COM for mobile

現役か引退か…中日・山本昌、落合GMから「お前が決めろ」

試合速報へ

ラグビーW杯 野球速報 サッカー速報

現役か引退か…中日・山本昌、落合GMから「お前が決めろ」

更新

現役か引退か…。山本昌は落合GMから去就について任されていることを明らかにした  球界最年長の中日・山本昌投手(50)が11日、ナゴヤ球場で落合博満GM(61)から来季も現役を続行するかどうかについて、自分自身に一任されていることを明らかにした。左手人さし指突き指の影響で今季中の登板が微妙な左腕は、世界最年長勝利記録がかかる2016年もプレーするか、ユニホームを脱ぐか、シーズン終了後、自ら決断する。

 2軍でのリハビリを終えた山本昌が、去就問題について口を開いた。ナゴヤ球場で報道陣に対して戸惑いながら、落合GMから現役続行か、引退か、決断についてはすべてを委ねられていることを明かした。

 「どうするとかは、まだ自分で決めていないけど、落合GMからは『お前が決めろ』って言われているので」

 プロ32年目の今季は8月9日のヤクルト戦(ナゴヤD)に初先発したが、カーブを投げた際に左手人さし指を突き指してわずか22球で降板。翌日に出場選手登録を抹消されて以降、2軍でリハビリを続けてきた。

 50歳の山本昌が勝利投手になれば、大リーグのジェイミー・モイヤー(マリナーズなど)が打ち立てた49歳151日での世界最年長勝利記録を塗り替える。球団は世界記録更新をバックアップし、球団を司る落合GMは年俸4000万円の左腕に対して昨年の契約交渉の場で「50歳までやれ」と支援していた。来季は51歳となるが、球団側は戦力構想に入れており、ベテランに対する肩たたきをしない構えだ。

 判断を任された山本昌は「キャッチボールの距離は伸びてきて、よくはなってきています。今シーズンをしっかりやるだけですよ」と現状を説明した。1%でも1軍登板の可能性を信じて、シーズンをやり切り、決断を下す構えだ。

 自分自身が希望すれば、現役は続行できる。そのためには周囲が期待する世界記録を樹立する可能性、すなわち、勝てる投球が来季こそできるという手応えをつかんで今季を終える必要もある。けがを抱えた大ベテランはある意味、厳しいジャッジを自分自身で下すことになる。

データBOX

 ◎…中日・山本昌は8月9日のヤクルト戦(ナゴヤD)で登板、先発、奪三振の3つの記録の最年長記録(49歳11カ月)を更新した。昨年9月5日の阪神戦(ナゴヤD)で先発し、勝ち投手になっており、最年長先発勝利(ともに49歳25日)も保持。完投、完封勝利(45歳0カ月)、無四球完投(43歳0カ月)、無安打無得点(41歳1カ月)、ホールドポイント(47歳1カ月)の最年長記録を持っている。

ランキング

PR