SANSPO.COM for mobile

500万円減の阪神・榎田、先発か中継ぎか「どっちかに決めて」

ニュースカテゴリ:野球のプロ野球の阪神

500万円減の阪神・榎田、先発か中継ぎか「どっちかに決めて」

更新

ダウンで契約を行った阪神・榎田=阪神球団事務所(撮影・安部光翁)  阪神・榎田大樹投手(28)が10日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、500万円減の年俸3600万円でサインした。今季は24試合に登板し2勝1敗、防御率7・05だった榎田は「全体的に見れば物足りないシーズン」と振り返った。

 今季も開幕から先発を任された榎田だったが結果を出せず、6月8日のソフトバンク戦では2回1/3を6失点KO。その後は中継ぎに降格しただけに、「先発でも中継ぎでも、僕がどちらかにはまっていれば順位が上がっていたかもしれない」と悔やんだ。

 起用法について「先発か中継ぎかどっちかに決めてもらった方がありがたい」と球団側に伝えたと言い、「来年こそは優勝のメンバーとなれるように頑張っていきたい」と意気込んだ。来春キャンプではOBの江夏豊氏(66)が臨時コーチを務める。榎田は「今の姿を見てもらって、どこを気をつければいいか。自分の姿を見てもらうということが大事」と、完全復活に向け江夏氏の指導に期待していた。(金額は推定)

契約更改一覧

ランキング

PR