2021.5.17 12:00(2/2ページ)

【ベテラン記者コラム(146)】ラグビー日本選手権のぬぐい切れない“軽さ”

【ベテラン記者コラム(146)】

ラグビー日本選手権のぬぐい切れない“軽さ”

特集:
記者コラム
ベテラン記者コラム
トヨタ戦で後半、トライを決め喜ぶパナソニック・福岡堅樹

トヨタ戦で後半、トライを決め喜ぶパナソニック・福岡堅樹【拡大】

 来年から新リーグが始まる。1月開幕、5月閉幕のカレンダーを考えると、日本代表強化の期間もとらなければならないため、独立した日本選手権を開催する余地はなさそうだ。

 そこで提案。日本選手権の定義を「日本最高の試合」とするならば、新リーグは必ずプレーオフを行い、決勝のワンマッチを日本選手権と呼びならわすようにすればいいのではないか。会場は必ず新国立競技場。決勝までの数日間はさまざまな演出で盛り上げ、試合当日も最高にふさわしい舞台をしつらえる。NFLのスーパーボウルを参考にしながら、少し派手なショーアップをしてもいい。金を惜しんではならない。(田中浩)