2021.4.30 17:38

コカ・コーラ、今年末で活動終了 新リーグも参加せず実質的な廃部/TCL

コカ・コーラ、今年末で活動終了 新リーグも参加せず実質的な廃部/TCL

 ラグビー・トップリーグ(TL)下部のトップチャレンジリーグ(TCL)に所属するコカ・コーラは30日、ラグビー部の活動を今年末で終了すると発表した。実質的な廃部となる。

 TLを運営し、来年1月開幕予定の新リーグも主管する一般社団法人「ジャパンラグビートップリーグ」からの退会、新リーグへの参入申請取り下げを申し出て、このほど日本協会に受理された。

 活動終了の理由として「当社は中長期的な事業環境の変化に備えて成長基盤の確立を進めており、改革の取り組みを前倒しで実行している。体制を再度検討した結果、誠に残念だが新リーグ参入を見送り、当社ラグビー部の活動を、本年末をもって終了することを決定した」としている。

 コカ・コーラは2006年度にTL初昇格し、09年度の8位が最高成績。19年度にTCLに降格し、今季は3位だった。19年W杯に出場したCTB/FBのウィリアム・トゥポウ、7人制日本代表で東京五輪出場を目指す副島亀里ララボウ・ラティアナラが所属している。