2021.4.8 18:45

サントリー、東芝が協定 府中など3市と地域密着

サントリー、東芝が協定 府中など3市と地域密着

連携協定締結式に出席した(後段左から)東芝・永田部長、長友調布市長、高野府中市長、河村三鷹市長、サントリー・土田シニアディレクター、(前段左から)東芝・リーチマイケル、小川、サントリー・中村、流

連携協定締結式に出席した(後段左から)東芝・永田部長、長友調布市長、高野府中市長、河村三鷹市長、サントリー・土田シニアディレクター、(前段左から)東芝・リーチマイケル、小川、サントリー・中村、流【拡大】

 ラグビーのトップリーグで東京都府中市に拠点を置くサントリーと東芝が8日、来年1月開幕の新リーグに向けて地域密着を図るため、府中市、調布市、三鷹市と連携協定を結んだ。味の素スタジアム(調布市)で行われた締結式で、サントリーの中村主将は「地域に根ざした活動をしていきたい」と語った。

 締結式には3市長も出席。ラグビー教室開催などで連携を深め、地域活性化とファン拡大を目指す。また、両チームは新リーグでホームと位置付ける試合の味の素スタジアム開催を検討。両者の対戦は「府中ダービー」と呼ばれ、サントリーの流は「ここでダービーが開催されてほしい」と語り、3月にサントリーに敗れた東芝のリーチは「ライバル関係を継続したい。次は勝てるようにしたい」と話した。