2021.4.4 05:02

全勝対決はサントリーに軍配 決め手はバレット、クボタの押せ押せムード断ち切った/TL

全勝対決はサントリーに軍配 決め手はバレット、クボタの押せ押せムード断ち切った/TL

タックルをかわして決勝トライを決めるバレット(左)。サントリーの世界的スターが大接戦に決着をつけた(撮影・福島範和)

タックルをかわして決勝トライを決めるバレット(左)。サントリーの世界的スターが大接戦に決着をつけた(撮影・福島範和)【拡大】

 トップリーグ第6節第1日(3日、秩父宮ほか)4試合が行われ、サントリーがクボタとの全勝対決を33-26で制した。ニュージーランド代表SOボーデン・バレット(29)が26-26で迎えた後半38分に勝ち越しトライ。激戦に終止符を打ち、開幕6連勝に導いた。クボタは5勝1敗。ヤマハ発動機はNTTドコモを33-21で下して連敗を2で止めた。今季限りで現役を引退する元日本代表FB五郎丸歩(35)が、フル出場で勝利に貢献した。

 会場を包んだクボタの押せ押せムードを、サントリーの世界的スターが断ち切った。26-26で迎えた後半38分だ。SOからFBにポジションを移していたバレットが敵陣22メートル付近でパスを受けると、加速しながらステップを踏んで防御4人の間をすり抜ける。後続も左手で制して決勝トライ。勝負を決めた千両役者が、誇らしげな笑みを浮かべた。

 「ああいう場面では直感が大事なんだ。後半は流れが相手にいったが最後の10分、チームで連係して勝てたことはよかった」

 SOでプレーした前半は足技で魅了した。25分に右サイドから左へのキックパスでFB尾崎晟也のトライを演出。随所で好キックを織り交ぜ、攻撃を組み立てた。SOに田村煕(ひかる)が投入された後半途中からは、自身のスピードを生かせる最後尾でプレー。激戦に終止符を打つトライには「パスをくれた煕が、いい仕事をした」と後輩をたたえた。

 クボタとは過去13勝2敗ながら、今季好調の相手に後半3連続トライを許して追いつかれた。主将のCTB中村亮土は「サントリーを倒すという雰囲気でアウェーのようだった」と打ち明けた。

 苦境を打ち破ったのがチームの持ち味であるテンポの速い攻撃と、バレットの存在だ。前節のトヨタ自動車戦でもラストワンプレーでの“サヨナラPG”を決めており、シーズンが深まるにつれて存在感が際立ってきた。

 中村が「グラウンドにいるだけで頼もしい」と語れば、バレットも「お互いを信じて、我慢強くプレーすることができている」。全勝対決を制し、2017~18年シーズン以来6度目の優勝へ、名門が円熟味を増してきた。(阿部慎)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ