2021.4.2 05:00

本庄第一監督に新井昭夫氏「23年の花園出場を目指したい」/高校ラグビー

本庄第一監督に新井昭夫氏「23年の花園出場を目指したい」/高校ラグビー

新井昭夫氏

新井昭夫氏【拡大】

 1990年度の全国高校ラグビーで熊谷工(埼玉)の主将として優勝に導いた新井昭夫氏(48)が、本庄第一(同)の監督に就任してラグビー部を強化することが1日、分かった。

 新井監督は熊谷工から日体大-三洋電機(現パナソニック)とSOで活躍。2008年から埼玉の中学校教員となり、13年に赴任した寄居中を関東屈指の強豪に育てた。以前から「高校を指導して花園を目指したい」と希望。本庄第一は2、3年生に部員がおらず、寄居中の教え子ら15人の新入生が新井体制“一期生”となる。

 埼玉は最近5年で花園に連続出場したチームはなく、群雄割拠状態。1日に就任した新井監督は「チーム内の競争を徹底して、23年の花園出場を目指したい」と目標を掲げた。(田中浩)

新井 昭夫(あらい・あきお)

 1972(昭和47)年9月22日生まれ、48歳。埼玉・深谷出身。明戸中でラグビーを始め、90年度に熊谷工高で埼玉県勢初の全国制覇。高校日本代表。家族は妻と長女、パナソニックCTBの長男・翼(23)、法大SHだった次男・駿(22)。