2021.3.29 12:58

東福岡が快勝で決勝進出、SO楢本主将「4冠果たしたい」/高校選抜

東福岡が快勝で決勝進出、SO楢本主将「4冠果たしたい」/高校選抜

終了寸前、東福岡WTB遠藤(右端)がとどめのトライ 東海大大阪仰星をねじ伏せた

終了寸前、東福岡WTB遠藤(右端)がとどめのトライ 東海大大阪仰星をねじ伏せた【拡大】

 全国高校選抜ラグビー第4日は29日、埼玉・熊谷ラグビー場で準決勝を行い、東福岡(福岡)-東海大大阪仰星(大阪)は46-17で東福岡が勝ち、2016年以来8度目の決勝進出を決めた。31日の決勝で桐蔭学園(神奈川)-大阪桐蔭(大阪)の勝者と対戦する。

 昨季の花園準々決勝で21-21で引き分け、抽選で東福岡が準決勝に進んだ因縁のカード。前半に12-14とリードされた東福岡は、後半は強いフィジカルを生かして6トライを浴びせ、点差を開いた。

 SO楢本幹志朗主将は「後半に修正できたいい試合。今年の目標はこの選抜と(夏の)7人制、花園に加え、(ゴールデンウイーク中の)ワールドユースの4冠を果たしたい」と大きな目標を口にした。