2021.3.10 11:28

女子W杯延期も前向き、ラグビー日本代表HC

女子W杯延期も前向き、ラグビー日本代表HC

 今秋に開催予定だったラグビーの女子ワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会が、新型コロナウイルスの影響で来年に延期されたことを受け、2大会連続出場を目指す日本代表のマッケンジー・ヘッドコーチ(HC)は10日、日本協会を通じ「選手が延期を障害ではなく(良い)機会と捉えてくれると信じている。『ボーナスイヤー』を得られたことをうれしく思い、さまざまなことを達成していけることを楽しみにしている」とコメントした。

 日本が出場するW杯アジア予選も延期となっていた。日本協会の森重隆会長は「現状を前向きに受け止め、さらなる成長の機会として、着実に歩みを進めていってほしい」と期待した。