2021.3.8 07:30

【新主将に聞く】早大CTB長田智希、大学選手権で天理大に完敗「あの負けをどう今季につなげるか」

【新主将に聞く】

早大CTB長田智希、大学選手権で天理大に完敗「あの負けをどう今季につなげるか」

特集:
大学選手権
早大CTB長田智希主将

早大CTB長田智希主将【拡大】

 関東大学ラグビーの主要校は、ほとんどのチームの新体制が決まり、頂点を目指す戦いが始まった。チームを引っ張る新主将たちの新たなシーズンへの意気込みを随時掲載する。まずは全国大学選手権の王座奪回を目指す早大CTB長田智希(新4年、大阪・東海大仰星)から。(聞き手・田中浩)

 --昨季の大学選手権決勝で天理大に完敗した

 「何もできなかった。主将になって最初に考えたのが、あの負けをどう今季につなげるかということ」

 --東海大仰星高で主将として高校日本一

 「それまでリーダーとして引っ張っていこうという意識はなかった。自分の意見を周りに伝える機会が多くなり、この経験が選手としても人間的にも成長できた」

 --大田尾竜彦監督に体制が変わる

 「大田尾さんは今月下旬から指導に携わるが、去年以上に練習はハードになると思う。フルコンタクトの練習やブレークダウン(タックル後のボール争奪戦)に関するところは増やしていくことになる」

 --2年ぶりに春季大会も開催されそう

 「(新型コロナウイルスの影響で)去年は春に試合ができなかった。春の試合は大事なことが改めて分かり、開催できればありがたい」

長田 智希(おさだ・ともき)

1999(平成11)年11月25日生まれ、21歳。京都・大山崎町出身。小4から亀岡RSでラグビーを始め、神川中から東海大仰星(現東海大大阪仰星)高。1、3年で花園優勝、2年で準優勝。早大では1年から公式戦に出場。スポーツ科学部新4年。179センチ、87キロ。