2021.1.29 13:01

ラグビー女子15人制W杯日程が決定 合宿中の小鍛治、小林「優勝が目標」

ラグビー女子15人制W杯日程が決定 合宿中の小鍛治、小林「優勝が目標」

 9月18日に開幕するラグビー女子W杯(ニュージーランド)出場を目指し和歌山県内で合宿中の日本代表候補のHO小鍛治歩(20)=花園ホーリーホックス=とCTB小林花奈子(22)=日体大=が29日、オンラインで会見した。

 国際統括団体のワールドラグビーが日本時間のこの日、W杯日程を発表。日本がアジア1位で出場権を得れば1次リーグB組で、9月18日の初戦の相手はレスリー・マッケンジー・ヘッドコーチ(40)の母国であるカナダ(ファンガレイ)、23日に欧州1位、28日に米国(いずれもオークランド)と対戦する。

 全国大学選手権で初優勝した天理大PR小鍛治悠太(4年)を兄に持つ小鍛治は「家族で少しいい店に行きました」と兄の日本一を祝福。「W杯で勝ち抜くことが目標だが、まずアジアで1位になるため、自分もチームもレベルアップしたい」と意気込みを語った。小林は「目標はW杯優勝。環境のいい場所で攻撃のベースを習得している」と大きなターゲットを口にした。

 W杯アジア予選は3月5~13日に香港で開催予定で、日本、カザフスタン、香港の3チームで総当たり戦を行い、1位が出場権を獲得。2位は世界最終予選に回る。