2021.1.13 05:00(1/2ページ)

早くも暗雲、開幕節2戦中止 3チームに多数のコロナ感染者/TL

早くも暗雲、開幕節2戦中止 3チームに多数のコロナ感染者/TL

昨年1月12日、華々しく行われた昨季トップリーグの開幕セレモニー。今期は“寂しい”開幕となりそうだ

昨年1月12日、華々しく行われた昨季トップリーグの開幕セレモニー。今期は“寂しい”開幕となりそうだ【拡大】

 日本ラグビー協会は12日、16日に開幕するトップリーグ(TL)で初日に行われるサントリー-トヨタ自動車(愛知・豊田スタジアム)と、17日のキヤノン-リコー(東京・駒沢陸上競技場)の2試合を中止すると発表した。当該3チームで新型コロナウイルスの感染者が計44人確認された。昨季は第6節までを消化して中止となったTLが、早くも窮地に立たされた。

 TLに早くも暗雲が垂れ込めた。この日、3チームに多数のコロナ感染者が発生したことが判明。開幕節の2試合が中止を余儀なくされた。オンライン会見を開いた太田治チェアマン(55)が、苦しい胸の内を明かした。

 「安心安全を担保しつつ開幕の準備をしてきたが、コロナの怖さ、脅威を感じている。重症化している選手は幸いにもいない。一日も早い回復を祈っています」

 中止となった試合のうち、キヤノン24人、トヨタ自動車13人、サントリー7人の計44人が陽性と判定された。加えて、16日に東京・国立競技場でNTTコミュニケーションズ戦を控える東芝も感染者2人、濃厚接触者5人が確認され、活動を一時休止。太田氏によると、東芝から現時点で開幕節の出場辞退について「報告はない」という。各チームは陰性の選手らに対しても不要不急の外出禁止を指示している。

【続きを読む】