2021.1.12 05:03(1/2ページ)

天理大、関西勢36大会ぶり初V 松岡主将男泣き「全員の優勝」/大学選手権

天理大、関西勢36大会ぶり初V 松岡主将男泣き「全員の優勝」/大学選手権

特集:
大学選手権
タックルを引きずりながらトライを決めるLOモアラ(中央下)。天理大が早大を粉砕し、悲願の初優勝を遂げた (撮影・山田俊介)

タックルを引きずりながらトライを決めるLOモアラ(中央下)。天理大が早大を粉砕し、悲願の初優勝を遂げた (撮影・山田俊介)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 ラグビー大学選手権準決勝(11日、天理大55-28早大、国立)天理大(関西1位)が昨季王者の早大(関東対抗戦2位)に計8トライの猛攻で55-28で快勝し、3度目の決勝で初優勝を果たした。55得点は決勝史上最多で、関西勢の優勝は平尾誠二さん(故人)を擁した同志社大が3連覇した1984年度以来36大会ぶり。昨年8月に部員62人が新型コロナウイルスに集団感染した困難を乗り越え、史上10校目の頂点に立った。2連覇の夢が絶たれた早大NO・8丸尾崇真主将(4年)にとっては、これが第一線で最後の試合となった。

 国立競技場で黒衣の男たちは抱き合い、雄たけびを上げた。天理大が1年前の準決勝で14-52と大敗した早大に雪辱。王座を36大会ぶりに関西に奪還し、29度目の挑戦で初V。FL松岡大和主将(4年)は感極まって涙を流し、声を張り上げた。

 「めちゃくちゃうれしい。部員全員、4年間サポートしてくださったみなさん、先輩たち…。全員の優勝と思っている」

 接点の激しさで前回王者を圧倒した。前半3分、相手のラックを押し返してボールを奪い、最後はCTB市川敬太(4年)が飛び込んで先制。低く前に出るタックルで早大の攻撃を寸断すると前半だけで4トライを奪い、後半6分には敵陣ゴール前で相手スクラムを猛烈にプッシュ。コントロールを失い、インゴールに転がったボールをSH藤原忍(4年)が押さえ、勝負を決定づけた。

【続きを読む】