2021.1.11 19:21

大学選手権決勝、コロナ下で1万人超来場

大学選手権決勝、コロナ下で1万人超来場

特集:
大学選手権
緊急事態宣言下で観客を入れて開催されたラグビー全国大学選手権決勝の天理大-早大戦=11日、国立競技場

緊急事態宣言下で観客を入れて開催されたラグビー全国大学選手権決勝の天理大-早大戦=11日、国立競技場【拡大】

 ラグビーの全国大学選手権最終日は11日、東京・国立競技場で決勝が行われ、天理大(関西1位)が2連覇を狙った早大(関東対抗戦2位)を55-28で破り、初優勝を果たした。関西勢では1984年度に3連覇した同大以来36大会ぶりの大学日本一に輝いた。

 緊急事態宣言下の決勝には、マスクを着けた1万1411人の観客が来場した。会場は約6万人収容のため空席が目立ち、声を出しての応援も自粛が求められたが、天理大のプロップ小鍛治は「(応援は)聞こえてないが、みんなの気持ちは届いていた」と感謝した。

 早大の相良監督も「お客さんが入った中で戦えたことは本当にうれしい」とファンに見てもらえたことを喜んだ。表彰式では天理大の選手はマスクを着用。感染拡大防止策として、観客は試合後の会食を控えるよう呼び掛けられた。

試合結果へ試合日程へ組み合わせ表へ