2021.1.11 19:04

天理大CTBフィフィタが奮闘/大学選手権

天理大CTBフィフィタが奮闘/大学選手権

特集:
大学選手権
優勝し、歓喜の天理大フィフティーン=東京都新宿区の国立競技場(代表撮影)

優勝し、歓喜の天理大フィフティーン=東京都新宿区の国立競技場(代表撮影)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 ラグビーの全国大学選手権最終日は11日、東京・国立競技場で決勝が行われ、天理大(関西1位)が2連覇を狙った早大(関東対抗戦2位)を55-28で破り、初優勝を果たした。

 天理大のCTBフィフィタが奮闘した。豪快な突破だけでなく、キックやタックルを受けながらパスを出す「オフロードパス」でも好機をつくった。

 世界最高峰リーグ、スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズで活躍し、プレーの幅を広げた。「自分でも行ける準備と、周りを使うことを意識してきた」と得意満面に語り「本当にうれしい」と優勝の味をかみしめた。

試合結果へ試合日程へ組み合わせ表へ