2021.1.11 14:54

天理大、クラスター乗り越え初の大学日本一!早大を55-28で撃破 関西勢36大会ぶり頂点

天理大、クラスター乗り越え初の大学日本一!早大を55-28で撃破 関西勢36大会ぶり頂点

  • 前半トライを決め、笑顔を見せる天理大・市川=国立競技場(撮影・福島範和)
  • 前半トライを決める天理大・市川=国立競技場(撮影・福島範和)
  • 前半トライを決める天理大・市川=国立競技場(撮影・福島範和)
  • 前半トライを決める天理大・市川=国立競技場(撮影・福島範和)
  • 前半トライを決めた天理大・市川=国立競技場(撮影・福島範和)
  • 前半ゴールを決める天理大・松永=国立競技場(撮影・福島範和)
  • 後半トライを決める天理大・藤原=国立競技場(撮影・山田俊介)
  • 後半トライを決める天理大・藤原=国立競技場(撮影・山田俊介)
  • 前半トライを決める早大・小林=国立競技場(撮影・山田俊介)
  • 後半トライを決める早大・河瀬=国立競技場(撮影・福島範和)
  • 前半モールで攻め込む早大フォワード陣=国立競技場(撮影・山田俊介)
  • 優勝し、歓喜する天理大の選手たち=国立競技場(撮影・福島範和)

 ラグビーの全国大学選手権は11日、東京・国立競技場で早大(関東対抗戦2位)-天理大(関西1位)の決勝が行われ、天理大が55-28で早大を破り、初優勝を飾った。天理大では昨年8月中旬から9月上旬にかけて、部内で計62人の感染が確認される新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生。コロナ禍を乗り越え、関西勢として同志大以来、36大会ぶりに頂点に立った。

 天理大は2年ぶり3度目となる決勝の舞台。前回大会の準決勝で14-52で完敗した相手に前半から4トライを奪うなど29-7とリード。後半も4トライを追加して突き放し、雪辱を果たした。

 2連覇を狙った早大は前半を1トライ1ゴールに抑え込まれ、22点差をつけられて折り返し。後半に3トライを奪うなど21点を挙げたが、及ばなかった。

試合結果へ試合日程へ組み合わせ表へ