2020.12.16 17:32

【引退会見一問一答】五郎丸「気力が衰えている…35歳の節目で退くのがベスト」

【引退会見一問一答】

五郎丸「気力が衰えている…35歳の節目で退くのがベスト」

記者会見に臨む、来年1月開幕のシーズン限りでラグビー・トップリーグの現役を引退する五郎丸歩=16日午後、浜松市

記者会見に臨む、来年1月開幕のシーズン限りでラグビー・トップリーグの現役を引退する五郎丸歩=16日午後、浜松市【拡大】

 ラグビー日本代表として活躍し、来年1月開幕のトップリーグ(TL)のシーズン限りで現役を引退するFB五郎丸歩(34)=ヤマハ発動機=が16日、浜松市で記者会見した。

 五郎丸はすっきりした表情で心境を語った。

 ――まだやれるのでは。

 「(22歳当時は)35歳が自分自身で限界だなと思っていた。アスリートは体力だけではなく気力が非常に大事。気力の部分が衰えていると感じ、35歳の節目で現役を退くことがベストだと思った」

 ――一番の思い出は。

 「日本ラグビーの歴史を変えた(2015年W杯の)南アフリカ戦は本当に心に残っているし、次のスコットランド戦で大敗したことも思い出。ヤマハで(トップリーグの)入れ替え戦を戦った試合も一番。全ての試合、練習が一番」

 ――15年W杯を一緒に戦ったエディー・ジョーンズ前日本代表ヘッドコーチ(HC)の存在とは。

 「自分の人生を大きく変えてくれた存在の一人。素晴らしいHCに縁があり(代表に)呼んでもらい、大きく貢献できたことは本当にうれしい」

 ――23年W杯で、日本はジョーンズ氏率いるイングランドと対戦する。

 「何か宿命のようなものを感じる。ラグビーが生まれたイングランドという素晴らしい国に勝利することで、日本のラグビー、スポーツの価値が高まっていく。最大のターゲットとして、後輩たちには頑張ってほしい」

 ――新シーズンの目標。

 「ヤマハはトップリーグのタイトルはまだ取れていない。このチームがステップアップするための大きなタイトルだと思うので、集中して頑張っていく」