2020.12.16 18:51

五郎丸歩、“五郎丸ポーズ”の大フィーバー「違和感はあった」

五郎丸歩、“五郎丸ポーズ”の大フィーバー「違和感はあった」

ルーティンの「五郎丸ポーズ」でキックを次々と決めた五郎丸。2015年W杯イングランド大会で飛躍した日本代表を象徴する存在だった

ルーティンの「五郎丸ポーズ」でキックを次々と決めた五郎丸。2015年W杯イングランド大会で飛躍した日本代表を象徴する存在だった【拡大】

その他の写真(1/7枚)

 ラグビーの日本代表で活躍し、来年1月開幕のトップリーグ(TL)のシーズン限りで現役を引退するFB五郎丸歩(34)=ヤマハ発動機=が16日、静岡県内で記者会見し「残り1シーズンしか戦う気力、体力が残っていない」と心境を語った。引退後の去就は未定。

 --まだ現役でプレーできると思うか

 「自分に感情がなければできる。アスリートというのは、体力だけでなく、気力が大事。気力が、自分の中で衰えていると感じた。現役を退くことが、自分と周りにとってベストだと思った」

 --“五郎丸ポーズ”も話題になった

 「一人がフォーカスされることに、違和感は感じた。競技が広まっていない以上、私がその仕事というか…魅力を広げていくことが、使命だと思った。あのポーズから入ってラグビーが好きになった、また違う選手を好きになった人が一人でも多くいれば、僕がラグビーを続けてきた意味があると思う」

 --今季の目標は

 「ヤマハ発動機で初めて日本一を取ったのは、(2014年度の)日本選手権。トップリーグのタイトルは、まだ取れてない。まずはここに集中して頑張っていきたい」

 --引退発表を開幕前にした理由は

 「昨季が、コロナの影響で6試合で終了したことが大きな要因。もしかしたら、またシーズンが中断するかもしれない。しっかりとした形であいさつをして、ラストシーズンを迎えることが、礼儀だと思った」

 --35歳へのこだわりは

 「22歳の僕に聞きたい(笑)。おそらく第一線でパフォーマンスし続けるのは、35歳が限界という決断に至ったのだと思う」

五郎丸 歩(ごろうまる・あゆむ)

1986(昭和61)年3月1日生まれ、34歳。福岡市出身。3歳でラグビーを始める。佐賀工高から早大に進み、1年からFBで出場し、3度の全国大学選手権優勝に貢献。2008年にヤマハ発動機入り。16年2月からスーパーラグビーのレッズ(オーストラリア)でプレーし、同年6月にフランス1部リーグのトゥーロンに移籍。17年7月、ヤマハ発動機に復帰した。05年4月16日のウルグアイ戦で日本代表初キャップ。15年のW杯イングランド大会など代表通算57キャップ。185センチ、100キロ。