2020.12.4 05:00

明大FB雲山、早大OB五郎丸から教わっちゃった!連覇へロングキックに磨き/関東対抗戦

明大FB雲山、早大OB五郎丸から教わっちゃった!連覇へロングキックに磨き/関東対抗戦

特集:
関東大学対抗戦
2018年の早大戦に出場した際の明大・雲山。早大OB、五郎丸のアドバイスを力に宿敵を打ち破る

2018年の早大戦に出場した際の明大・雲山。早大OB、五郎丸のアドバイスを力に宿敵を打ち破る【拡大】

 関東大学ラグビー対抗戦で伝統の早明戦は6日、東京・秩父宮で行われる。明大は5勝1敗で迎える最終戦で、6戦全勝の宿敵を破れば2連覇が決まる。3日は練習非公開の中、午前に約1時間調整。左膝の故障から復帰2戦目となる大型FB雲山弘貴(3年)は、持ち味のロングキックに磨きをかけて臨む。

 1年時から早明戦を知る雲山が、一回り成長した姿を見せる。昨季大学選手権決勝で敗れた早大へのリベンジマッチ。187センチの大型FBが、持ち味のロングキックで重戦車を敵陣に進める。

 「エリア取りで勝っていけば、早稲田もいいアタックができない。敵陣でプレーできるようにしたい」

 今季は9月下旬の練習試合で左膝を負傷。先月22日の帝京大戦でようやく復帰した。だが、この離脱期間中も成長に貪欲な姿があった。

 10月中旬に関係者を通じて、同じFBでプレーする早大OBの元日本代表五郎丸歩(34)=ヤマハ発動機=と都内で会食する機会を得た。「キックでの力の入れどころ、ボールの持ち方…持っていた悩みを全部聞いた」と質問攻めにしたという。助言の詳しい内容は明かさなかったが、「キックも安定するようになった」と“五郎丸効果”を実感している。

 試合当日は五郎丸もテレビ解説で会場を訪れる予定。「成長した姿を見せられるように頑張る。ワセダを圧倒して優勝したい」と“恩返し”を誓った。(阿部慎)

◆雲山 弘貴(くもやま・ひろき)

 1999(平成11)年7月18日生まれ、21歳。兵庫・西宮市出身。5歳から西宮甲東RSでラグビーを始め、小2~小4は神奈川・田園RS、小5から中学まで再び西宮甲東RSでプレー。兵庫・報徳学園高では2、3年時にFBで花園出場し高校日本代表にも選出された。1メートル87、93キロ。