2020.11.24 05:00

昨季の花園V主将、早大・伊藤が念願デビュー 攻撃センス発揮も自己採点は「50点」/関東対抗戦

昨季の花園V主将、早大・伊藤が念願デビュー 攻撃センス発揮も自己採点は「50点」/関東対抗戦

特集:
関東大学対抗戦
後半、突進する早大・伊藤=秩父宮ラグビー(撮影・蔵賢斗)

後半、突進する早大・伊藤=秩父宮ラグビー(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 関東大学対抗戦(23日、慶大11-22早大、秩父宮)97度目を数える対抗戦伝統の早慶戦は、昨季の大学王者・早大が3トライを奪い、22-11で慶大を下し、ただ1校6戦全勝とした。4勝2敗の慶大は優勝の可能性が消えた。優勝争いは早大と5勝1敗の明大に絞られ、12月6日の早明戦(秩父宮)の勝者が対抗戦王者となる。早大は慶大との定期戦通算70勝(7分け20敗)。節目の勝利が、2007年以来13年ぶりの全勝優勝、大学V2へ勢いをつける。

 昨季の全国高校大会を制した桐蔭学園(神奈川)を主将として率いたスーパールーキー、伊藤大祐が後半にSOで交代出場して対抗戦デビュー。正味11分ほどの出場で、キックキャッチから約50メートルを走るなど非凡な攻撃センスを発揮した。9月に右太もも裏を痛めた影響もあり、待ち望んだ出番だったが「点数をつけるなら50点。もっと正確なプレーができたと思う」と自己採点は厳しめだった。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ