2020.11.24 20:15

車いすラグビーの乗松聖矢が始球式「こんなに緊張する場面はなかなかない」

車いすラグビーの乗松聖矢が始球式「こんなに緊張する場面はなかなかない」

ファーストピッチセレモニー パラリンピック車いすラグビー日本代表の乗松聖矢選手=ペイペイドーム(撮影・水島啓輔)

ファーストピッチセレモニー パラリンピック車いすラグビー日本代表の乗松聖矢選手=ペイペイドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 SMBC日本シリーズ第3戦(巨人-ソフトバンク、24日、京セラ)車いすラグビーで東京パラリンピック日本代表の乗松聖矢(SMBC日興証券)が始球式を務めた。競技用車いすに乗り、右手での投球はワンバウンドになった。「こんなに緊張する場面はなかなかない。もし東京パラリンピックでこういう緊張感が出たらどう対処しようかなと、考えられる良い機会になった」とコメントした。

 熊本県出身。ソフトバンクの前身であるダイエーの試合を小学生の時に家族で見に来たことがあるという。「本当に光栄。勝負の空気の中に自分がいたことで、良い刺激をもらった」と話した。

試合結果へ日本S日程へ歴代優勝チームへ