2020.11.23 05:03(1/2ページ)

明大、連覇残った!後半3トライ&無失点、帝京大に逆転勝ち/関東対抗戦

明大、連覇残った!後半3トライ&無失点、帝京大に逆転勝ち/関東対抗戦

特集:
関東大学対抗戦
スクラムを押し込んでからサイドを突く箸本(手前中央)。自身の今季初トライを決め、明大は1敗を守った (撮影・長尾みなみ)

スクラムを押し込んでからサイドを突く箸本(手前中央)。自身の今季初トライを決め、明大は1敗を守った (撮影・長尾みなみ)【拡大】

 関東大学対抗戦(明大39-23帝京大、22日、東京・秩父宮)4勝1敗同士の対戦は、昨季対抗戦優勝の明大が帝京大に39-23で逆転勝ちした。前半こそミスが多く19-23で折り返したが、後半に入って重戦車FWを軸に挽回。主将のNO・8箸本龍雅(はしもと・りゅうが、4年)の今季初トライなどで最後は突き放した。5勝1敗とした明大は、優勝戦線に踏みとどまった。帝京大は2季ぶりの優勝の可能性がなくなった。

 鮮やかな逆転劇で、対抗戦2連覇に望みをつないだ。ミスが目立った前半は7-23と16点差をつけられる時間帯もあったが、後半に3トライを決めて勝利。箸本主将が胸を張った。

 「チームとして自信につながった。試合の入りは悪かったが、焦りはなかった」

 4点差まで追い上げたハーフタイムのロッカールームで、「自信を持っていこう」と声をかけて臨んだ後半4分。7人制日本代表候補のWTB石田吉平(2年)が自陣10メートルから一気に突破するとSH飯沼蓮(3年)につないでトライ。24-23と逆転した。

【続きを読む】