2020.11.21 05:00

明大と1敗対決!帝京大PR近藤、スクラムに「自信」/関東対抗戦

明大と1敗対決!帝京大PR近藤、スクラムに「自信」/関東対抗戦

特集:
関東大学対抗戦
帝京大・近藤

帝京大・近藤【拡大】

 関東大学ラグビー対抗戦で2季ぶりの優勝を目指す帝京大は22日、4勝1敗で並ぶ明大と東京・秩父宮で対戦する。20日は出場メンバーが発表され、先発のPR近藤芽吹(いぶき、4年)は「明大はFWにこだわりを持っている。受け手に回らないように、FWからゲームを作っていく」と闘志を燃やす。

 日本代表PR稲垣啓太(パナソニック)を輩出した新潟工高出身。高校3年時にFLから稲垣と同じ左PRに転向した。ポジションが代わりスクラムに苦戦する中、母校の練習に訪れた稲垣から「後ろからの押しをもらうために、最高の姿勢を意識し続けろ」と助言をもらった。今でも肝に銘じる金言だ。

 最終学年の今季は、FW第1列でただ一人の全試合出場。「スクラムも自信を持ててきた」と胸を張る。勝てば優勝の可能性が残る一戦で、重戦車FWに真っ向勝負を挑む。(阿部慎)

試合日程へ