2020.10.21 22:12

「弥栄の清悟」定年前最後の全国大会予選へ 奈良朱雀高ラグビー部・山本監督

「弥栄の清悟」定年前最後の全国大会予選へ 奈良朱雀高ラグビー部・山本監督

 伏見工(現京都工学院)高ラグビー部OBで、TVドラマ「スクール☆ウォーズ」の登場人物のモデルにもなった山本清悟(しんご)監督(60)率いる奈良朱雀高は21日、主力メンバー約20人が奈良・大和郡山市内で奈良高専と合同練習を実施した。全国大会奈良県予選の初戦、天理II部戦(25日、天理親里ラグビー場)に向け、攻守の動きの確認や実戦形式の練習など約2時間、調整した。

 中学時代、「京都一のワル」と恐れられ「弥栄(やさか)の清悟」と呼ばれた山本監督は伏見工入学後、山口良治監督(77、現総監督)と出会い、日体大を経て教師となり、20年前、奈良朱雀(当時・奈良工)にラグビー部を創設。指導を続けてきたが、花園出場は天理、御所実の2強の壁に阻まれてきた。今年10月に60歳になったため、今大会が来春の定年前としては最後の花園への挑戦となる。

 だが「『最後だから』という思いはない」と言い切り、選手たちに「悔いのない試合をしてもらいたい」と期待を込める。今年のチームは、御所実の前部長で今春の異動で着任した中瀬古祥成コーチ(46)が指導陣に加わり、組織的な防御やセットプレーの強化に力を入れてきた。山本監督は「辛抱強く戦えるようになってきた」と手応えを感じている。節目の戦いへ、準備は万端だ。(月僧正弥)