2020.10.1 05:01(1/2ページ)

ラグビー元日本代表・湯原祐希さん急死、36歳 稲垣啓太ら代表フィフティーンに衝撃

ラグビー元日本代表・湯原祐希さん急死、36歳 稲垣啓太ら代表フィフティーンに衝撃

2015年W杯イングランド大会で南アフリカから金星を挙げ、稲垣(前列右)や堀江(後列右から2人目)らとともに喜ぶ湯原さん(後列右)。試合には出なかったがチームを支えた

2015年W杯イングランド大会で南アフリカから金星を挙げ、稲垣(前列右)や堀江(後列右から2人目)らとともに喜ぶ湯原さん(後列右)。試合には出なかったがチームを支えた【拡大】

 ラグビーのトップリーグ、東芝は30日、同チームのFWコーチを務めていた2011、15年W杯日本代表の湯原祐希(ゆはら・ひろき)さんが29日に死去したと発表した。36歳だった。

 チームによると湯原さんは29日朝、東京・府中市内のクラブハウスで、自主トレーニングのためにエアロバイクを漕いでいた際に突然意識を失い倒れた。近くにいた関係者らが自動体外式除細動器(AED)などで救命措置を行い、その後に緊急搬送。しかし、搬送先の病院で息を引き取った。前日28日も普段通り練習に参加しており、前兆はなかった。

 湯原さんは現役時代、HOとして活躍。流通経大から2006年に東芝入りし、日本代表で22キャップを獲得した。11年W杯ではニュージーランド戦に途中出場。15年W杯は未出場だったが、1次リーグで3勝を挙げたチームを支えた。

 19年からは選手兼任で東芝のアシスタントコーチに就任。今春終了したシーズン限りで現役を引退し、FWコーチを務めていた。

【続きを読む】

  • 湯原祐希さん=2010年5月撮影