2020.9.15 12:07

各都道府県高体連で選出も 全国高校ラグビー出場校

各都道府県高体連で選出も 全国高校ラグビー出場校

 12月に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕予定の第100回全国高校ラグビー大会の出場校に関して、大会実行委員会が、新型コロナウイルスの影響で代表決定戦が行えなくなった場合は、各都道府県の高体連が出場校を選出するよう通達していることが15日、関係者の話で分かった。通達は今月1日付で、選出が困難な場合は出場辞退もあるという。

 第100回の記念大会は例年より12校多い63校が出場予定。そのうち、全国9ブロック(北海道、東北、関東、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州)の計9チームの出場枠については、ブロック大会開催が困難となった場合の扱いは今後協議する予定。

 日本ラグビー協会は高校生以下を対象とした9月1日以降の大会実施を可能とする方針を7月に発表。既に一部で全国大会に向けた戦いが始まっている。