2020.9.15 16:24

右膝故障から復帰の女子7人制ラグビー立山 五輪延期は「ポジティブに」

右膝故障から復帰の女子7人制ラグビー立山 五輪延期は「ポジティブに」

特集:
東京五輪競技ニュース

 14日から埼玉・熊谷合宿に臨んでいるラグビー7人制女子日本代表候補の立山由香里(22)が15日、オンライン取材に対応した。昨年3月のフランス遠征で右膝の前十字靱帯(じんたい)を断裂。東京五輪の延期が発表された今年3月に復帰となり、「個人的にはコンディションを上げていける。ポジティブに捉えることができた」と前を向いた。

 今春に日体大を卒業し、現在はセルフ洗車機の事業を手がけるデータバンク株式会社に就職。趣味はミュージカル鑑賞といい、劇団四季の「アラジン」がお気に入りだ。「自分が演じるなら…脇役でメインを立たせる役」と謙遜しながら、プレーでの持ち味も「アタックのスペースをうまく生かして仲間にトライを取らせること」。来夏の東京五輪は、最高のトライを演出する。