2020.8.17 13:32

明大が東京都内で練習 箸本主将「練習で課題を出して直す」

明大が東京都内で練習 箸本主将「練習で課題を出して直す」

 関東大学ラグビー対抗戦の強豪・明大が17日午前、東京・世田谷区八幡山の自校グラウンドで練習を続開。この日も気温35度に迫るなか約1時間半、途中でフィットネストレーニングもまじえたスキル練習などで汗を流した。

 左脚を痛め別メニュー調整だったLO箸本龍雅主将(4年)は、新型コロナウイルスに振り回されたここ数カ月を振り返りながら、「それでも去年の今頃の8、9割ぐらいまでは来ている」と手応えも。

 10月開幕で調整中の対抗戦へ向けて、9月には練習試合も行う予定だが、例年より少ない試合数で秋の本番に突入することになりそう。箸本主将は「去年までは試合で出た課題を修正していったが、今年は練習で課題が出て、それを直していけるように、一人一人が取り組んでいかないと」と、異例のシーズンの対処についても口にした。