2020.8.12 12:00

【ラグビーコラム】SRニュージーランド、優勝決まっても最終戦は見逃せない

【ラグビーコラム】

SRニュージーランド、優勝決まっても最終戦は見逃せない

特集:
ノーサイドの精神

 【ノーサイドの精神】スーパーラグビーのニュージーランド(NZ)大会「アオテアロア」は最終節を残し、クルセーダーズが優勝を決めた。昨年までの正規大会3連覇に続く“V4”。LOサム・ホワイトロック、SOリッチー・モウンガら、3位だったW杯日本大会に出場したNZ代表8人を擁する、王者にふさわしいチームだ。

 現パナソニック監督のロビー・ディーンズ氏が2000年から2008年までヘッドコーチを務め、優勝5度、準優勝2度という黄金時代を築き上げた。当時はFLリッチー・マコウ(引退)、SOダン・カーター(現ブルース)らスーパースターも在籍。常勝軍団の名をほしいままにしていた。

 南島にある本拠地、カンタベリー州クライストチャーチは、ラグビー王国NZの中でも一、二を争うラグビー熱の高い地域。元日本代表WTBで前関西協会会長の坂田好弘氏の留学先としても知られる。

 16日の最終節、クルセーダーズはどんな戦いをするのだろう。おそらく“消化試合”にはならないだろう。相手はブルース。本拠地は北島のオークランドで、1987年の第1回W杯を制したときのNZ代表は半分以上がオークランドの選手だった。一時低迷した時期もあったが、クライストチャーチと国内を二分する勢力で、互いに譲れないライバルという関係なのだ。

 ブルースにもSO/FBボーデン・バレット、CTBリーコ・イオアネらW杯出場組が4人。今季はホームゲームで3戦全勝しており、クルセーダーズ戦もホームの“聖地”イーデンパークで開催されるだけに、優勝の美酒が抜けないまま試合を迎えると、さしものクルセーダーズも足をすくわれかねない。

 7月11日にクライストチャーチで対戦したときは、トライ数はともに2本だったが、モウンガが4PGなどゴールキックが好調で、ブルースに後半なかばまでリードを許しながら26-15でクルセーダーズが逆転勝ちした。大会の掉尾(とうび)を飾る、白熱した試合を期待したい。(この記事のアップ後、オークランドで新型コロナウイルスの新たな感染者が出て、同市は14日までロックダウン=都市封鎖=となることが明らかになった。試合の開催については協議を継続しているという)

田中 浩(たなか・ひろし)

「田中 浩」イメージ画像1983年入社。ラグビーブーム全盛期に担当を約10年、その後デジタルメディア、ボクシング担当、アマ野球担当などを経て2008年から運動部一般スポーツ担当デスクを務め、14年秋に二十数年ぶりにラグビー取材の現場に復帰。秩父宮ラグビー場でトライ(高校都大会決勝)と東京ドームでヒット(スポーツ紙対抗野球)の両方を経験したのがプチ自慢の59歳。