2020.7.31 14:45

神戸製鋼に大物外国人2人が加入 元NZ代表スミスとクルーデン/TL

神戸製鋼に大物外国人2人が加入 元NZ代表スミスとクルーデン/TL

 ラグビー・トップリーグ(TL)の神戸製鋼は31日、ニュージーランド(NZ)代表84キャップを誇るFBベン・スミス(34)と同50キャップのSOアーロン・クルーデン(31)の加入を発表した。

 FB以外のポジションもできる万能BKとして知られるスミスは2015年W杯イングランド大会で母国を史上初の2連覇に導き、昨年のW杯日本大会にも出場。3位決定戦で2トライを挙げた。クルーデンは、11年W杯ニュージーランド大会での優勝に貢献した。

 スミスは「チームのために貢献できると自負している。輝かしい歴史をさらに輝かせられるよう頑張ります」、クルーデンは「スタッフやチームメートとハードワークし、チームと会社に貢献したい」とチームを通じてコメント。デーブ・ディロン・ヘッドコーチは「ベンとアーロンの加入を心強く思います。チームの成長に良い影響を与えてくれることを確信しています」と期待を寄せた。

 神戸製鋼は18-19年シーズンに15季ぶりにTLを制覇。今年5月、その立役者となった世界的SOダン・カーター(38)とSHアンドリュー・エリス(36)の元NZ代表コンビの退団が発表されていた。