2020.7.22 19:10

NTTコム入団のレイドローが祖国からオンライン会見 好きな日本食は「とんこつラーメン」

NTTコム入団のレイドローが祖国からオンライン会見 好きな日本食は「とんこつラーメン」

NTTコミュニケーションズ入団会見を行ったレイドロー (C)Craig Watson

NTTコミュニケーションズ入団会見を行ったレイドロー (C)Craig Watson【拡大】

 ラグビー・トップリーグ(TL)のNTTコミュニケーションズに入団する昨年のW杯スコットランド代表SHグレイグ・レイドロー(34)が22日、スコットランドからオンラインで入団会見した。

 入団の理由について、「素晴らしい施設がそろっているし、(2021年度開幕予定の)新リーグに向けたチームの将来の計画も聞いて、力になりたいと思った」。W杯時に練習拠点となった千葉・浦安市の「アークス浦安パーク」の設備が決め手の一つとなったようだ。交渉が始まったのは4-5カ月前といい、「自分にとって重要な決断だったので時間をかけた」。契約期間は2シーズンと明かし、9月後半から10月初めには合流したいとした。

 スコットランド代表キャップ76で、主将も歴任したレイドローは、イングランド、フランスなど自国以外のチームでも活躍した。フランスでは日本代表FB松島幸太朗(27)が移籍したクレルモンにも3シーズン在籍した。「その国の文化や言語を学び、理解することが大事。マツシマにアドバイスするとすればフランスの文化をしっかり学ぶことだ。フランス人はそういう人を尊敬する」と伝えた。

 チームはTL最高成績が5位で、4強の壁を破れないでいる。「トップ4の壁を破ることができれば、その先には優勝がある。チームが最大級の成功をおさめるために力を尽くしたい」と意欲を口にした。

 チームメートとなる日本代表NO・8アマナキ・レレイ・マフィ(30)、オーストラリア代表SOクリスチャン・リアリーファノ(32)と一緒に戦えることが「とても楽しみ」と待ち望む。好きな日本食は、サントリーに入団するニュージーランド代表SOボーデン・バレット(29)と同じ「とんこつラーメン」だという。