2020.6.29 15:47

7人制男子日本代表候補が活動再開 小沢大「みんなと一緒にやれてうれしい」

7人制男子日本代表候補が活動再開 小沢大「みんなと一緒にやれてうれしい」

ラグビー7人制男子の練習で、ボールを使って調整する日本代表候補の選手ら=29日、東京都内(日本ラグビー協会提供)

ラグビー7人制男子の練習で、ボールを使って調整する日本代表候補の選手ら=29日、東京都内(日本ラグビー協会提供)【拡大】

 来夏に延期された東京五輪を目指すラグビー7人制男子日本代表候補が29日、新型コロナウイルスの影響で練習を休止させてから約3カ月ぶりに活動を再開した。都内での練習後、オンライン取材に応じた小沢大(31)=トヨタ自動車=は「みんなと一緒にラグビーをやれるうれしさを感じた」と笑顔を見せた。

 東京五輪の1年延期が発表され「正直やりたかった」と無念さをにじませたが、現在は気持ちも前向き。今年1月31日には女児が誕生したといい、「(子供が)生まれたことで、もう1年頑張れば、子供にも家族にもいいものが見せられる」とメダル獲得へ、力を込めた。 

 岩渕健輔ヘッドコーチ(44)も、日本協会を通じて「社会が大変な状況の中、代表選手・スタッフである前に、社会の一員として、自分たちがすべきことを考え行動してきた数か月でした。社会を守るために前線に立っていただいている医療関係者の皆さまへの感謝の気持ちを胸に、練習を再開したいと思います。今日からはエリアごとの少人数グループでの練習ですが、まずはオリンピック一年前を目処としたチーム全体での練習を目標に活動していきます」とコメントを発表した。

 練習は7月18日まで。感染防止対策として、全国5カ所(北海道、東京、名古屋、大阪、福岡)に分かれて週に1回、自宅などから通って少人数で行う。全体練習の再開は、五輪開幕1年前である7月23日を目安としている。

  • オンラインで取材に応じるラグビー7人制男子日本代表候補の小沢=29日