2020.6.19 19:17

ラグビー、接触練習7月から 日本協会がコロナ指針

ラグビー、接触練習7月から 日本協会がコロナ指針

 日本ラグビー協会は19日、新型コロナウイルスの感染拡大で中断した活動の再開指針を改訂し、5月下旬に当面の間禁止とした体をぶつけ合う接触プレーの練習を7月1日以降、段階的に認めるとした。全国で感染状況が改善したため。

 規模は最初は10人以下で、タックルする代わりに相手をタッチするなどの練習から始め、1対1でのぶつかり合いを経て、6週間をかけて試合形式へ移行するよう定めた。また、プレー中は熱中症の危険性があるため、マスクを着用しないよう求めている。