2020.6.17 05:00

【新鮮力】流通経大・作田、FW第1列からCTBへ転向目指す

【新鮮力】

流通経大・作田、FW第1列からCTBへ転向目指す

特集:
新鮮力
流通経大・作田

流通経大・作田【拡大】

 ラグビーの流通経大で38人のルーキーは、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の間も実家に戻らず、小規模、短時間ながら練習を続けた。昨季の流通経大柏高(千葉)の主将で、PRやHOだった作田駿介はCTBに挑戦中だ。

 内山達二監督(50)から「4月に言われた。急だったので驚いた」。50メートル6秒6とFW第1列らしからぬスピードを持ち、当たり強さと統率力もあって、指揮官は可能性を探っている。

 昨年の愛知県大会8強の栄徳でNO・8を務めた中根輝はコンタクトの強さが持ち味。無名校出身ながら「鍛えがいがある」と内山監督は注目する。LOブレンドン・ネルとSOステファン・ドゥトイは、大学チームでは初の南アフリカからの留学生。「ネルはもう少し体づくりが必要。ドゥトイはスピードがある」(内山監督)と、W杯優勝国からの素材をじっくり育てる。(田中浩)