2020.4.2 05:01

全国高校ラグビー第100回大会、選抜大会中止で出場枠「1」減

全国高校ラグビー第100回大会、選抜大会中止で出場枠「1」減

 日本ラグビー協会は1日、記念大会となる2020年度の第100回全国高校大会の出場校を、64校から63校に変更すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で今春の全国高校選抜大会が中止となり、優勝校が属する都道府県に与える予定だった出場枠1がなくなったため。

 従来の51代表に12校が加わる。各都道府県2位チームを全国9ブロック(北海道、東北、関東、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州)に分けて予選を行い、その勝者計9校と、第91~99回までの各都道府県予選(複数の代表が選出される北海道、東京、大阪は対象外)を集計し、参加校数の累計が多かった埼玉、愛知、福岡の3県にそれぞれ出場枠1を与える。日時などの大会概要は今後発表される。