2020.3.23 20:21

神戸製鋼、全試合中止「本当に残念」 連覇目指し開幕6連勝/TL

神戸製鋼、全試合中止「本当に残念」 連覇目指し開幕6連勝/TL

 日本ラグビー協会が新型コロナウイルスの感染拡大でトップリーグ(TL)の今季の残り全試合の中止を決めたことを受け、2連覇を目指していた神戸製鋼の福本正幸チームディレクターは23日、「本当に残念に思うが、チームは5月の日本選手権に向け、練習を再開している」とコメントを出した。

 神戸製鋼は今季も開幕から6連勝をマークし、同じく6戦全勝の首位パナソニックに勝ち点差2の2位につけていた。

 元ニュージーランド代表のSOダン・カーター、ワールドカップ(W杯)日本大会ニュージーランド代表のロック、ブロディ・レタリックらが所属しているが、外国人選手やスタッフの一部は既に帰国し、同チームディレクターは「状況によっては再合流できない可能性も想定される」との見通しを示した。「置かれた状況で持てる力を最大限に発揮することで日本一に向け、まい進したい」と意欲を示した。