2020.2.12 05:00

【トップリーグランキング】神戸製鋼・カーター3冠、昨季MVP男の際立つ存在感

【トップリーグランキング】

神戸製鋼・カーター3冠、昨季MVP男の際立つ存在感

 ラグビーのトップリーグ(TL)は第4節を終え、昨年のW杯日本大会の余韻が残る中、個人ランキングの争いも熱気を帯びてきた。

 得点、GK、PGの3部門は元ニュージーランド代表SOダン・カーター(37)=神戸製鋼=が首位。中でも得点は、2位の豪州代表SOバーナード・フォーリー(クボタ)に16点差をつける独走状態だ。2連覇を狙うチームで、昨季TLのMVPを獲得した司令塔の存在が際立っている。W杯日本代表のSO田村優(31)=キヤノン=は、カーターと並んでPG部門でトップ。

 トライ王争いは、7つ挙げたトンガ出身のNO・8タウムア・ナエアタ(26)=神戸製鋼=とWTBヘンリー・ジェイミー(29)=トヨタ自動車=が首位に並ぶ。