2020.2.3 05:02(1/2ページ)

神鋼、TL史上最多得点差97-0で圧勝!ナエアタ5T「日本代表になりたい」

神鋼、TL史上最多得点差97-0で圧勝!ナエアタ5T「日本代表になりたい」

破壊的な突進力でトライを決めるナエアタ。大勝の原動力となった

破壊的な突進力でトライを決めるナエアタ。大勝の原動力となった【拡大】

 トップリーグ第4節最終日(2日、神戸製鋼97-0NTTドコモ、ユニバ)昨季王者が2年ぶりにトップリーグ(TL)に昇格したNTTドコモを蹴散らした。神戸製鋼はFW、バックスが縦横無尽に走り回り、15トライでTL史上最多となる97点差の大勝。デーブ・ディロン・ヘッドコーチは満足そうにうなずいた。

 「チーム全体の努力の結果。最後までハードワークしてくれた」

 目を引いたのが、この日が26歳の誕生日だったNO・8ナエアタだ。前半13分のトライを皮切りに、力強い突進で計5トライ。今季通算7トライとし、ヘンリー・ジェイミー(トヨタ自動車)と並んでトップに立った。

 「今日はお母さん(レシエリさん)の56歳の誕生日でもあって、いいパフォーマンスをプレゼントすると約束していたんだ」と、流暢(りゅうちょう)な日本語で声を弾ませた。

 トンガ出身で流通経大から入団して2年目。主にLOでプレーした昨季のTL出場は2試合だったが、NO・8に転向した今季は「1対1のフィジカルでは絶対に負けない」という体の強さを武器に、開幕からレギュラーに定着した。

【続きを読む】