2020.1.26 05:02

大学日本一!早大パレードに4000人 相良監督「涙が出そうになった」

大学日本一!早大パレードに4000人 相良監督「涙が出そうになった」

大学選手権制覇を記念するパレードで練り歩く早大フィフティーン。東京・上井草を“ジャック”した (撮影・蔵賢斗)

大学選手権制覇を記念するパレードで練り歩く早大フィフティーン。東京・上井草を“ジャック”した (撮影・蔵賢斗)【拡大】

 ラグビー全国大学選手権で11大会ぶり16度目の優勝を飾った早大が25日、ホームグラウンドのある東京・杉並区上井草で優勝パレードを行った。

 地元自治会などによると、西武新宿線上井草駅南口からグラウンドまでの沿道約400メートルに約4000人が集まった。サンウルブズに招集されたSH斎藤直人主将、CTB中野将伍(ともに4年)は不参加だったが、明大を45-35で破った11日の決勝メンバーは赤黒ジャージー、それ以外の部員はブレザーに赤黒ネクタイを締めて誇らしげにパレードした。

 優勝報告会やファンとの交流会も実施し、相良南海夫(なみお)監督(50)は「多くの人に来ていただき涙が出そうになった」。来季のリーダー候補、NO・8丸尾崇真(3年)は「2連覇という言葉はどうしてもついてくる。1年間しっかり戦い抜きたい」と誓った。 (田中浩)

  • 上井草駅前からグラウンドまで練り歩く相良監督(中央右)、幸重天副将(中央左)ら早大フィフティーン=東京・杉並区(撮影・蔵賢斗)
  • 上井草駅前からグラウンドまで練り歩く相良監督(中央)、幸重天副将(左)ら早大フィフティーン=東京都杉並区(撮影・蔵賢斗)
  • 集まったファンにあいさつする早大・相良監督=東京・杉並区(撮影・蔵賢斗)