2020.1.23 05:00

森会長、大麻取締法違反の疑いで日大ラグビー部員逮捕に「遺憾」

森会長、大麻取締法違反の疑いで日大ラグビー部員逮捕に「遺憾」

 日本ラグビー協会の森重隆会長(68)は22日、大麻取締法違反(所持)の疑いで日大ラグビー部員が逮捕されたことを受け「誠に遺憾。全てのラグビー関係者に改めてコンプライアンス(法令順守)を徹底していく」などとのコメントを出した。

 昨年6月には、トップリーグの名門トヨタ自動車に所属していた選手による薬物事件が発覚。改善に向けた取り組みを進めていた。今後は大学などのチームに対しても、同様の施策を行う方針。森会長は「さまざまな教育・研修の機会を通じ、コンプライアンスの徹底を図る」とした。