2020.1.13 05:00

【ホイッスル 河瀬泰治】大観衆…ラグビーの存在が認められた

【ホイッスル 河瀬泰治】

大観衆…ラグビーの存在が認められた

開幕セレモニーで披露された巨大フラッグ=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)

開幕セレモニーで披露された巨大フラッグ=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 トップリーグ第1節(12日、秩父宮ほか)安心したというのが、正直な感想だ。ものすごい数の秩父宮の観衆を見て、ラグビーの存在が認められたと感じた。

 W杯の感動をもう一度見たいという方が多い中で、サントリーのFB松島はトップレベルのプレーを見せてくれた。W杯で興味を持ったいわゆる“にわかファン”の方にも、「ラグビーって楽しいね、面白いね」と感じ取ってもらえたのではないか。世界レベルの選手が今季のトップリーグは多くプレーするので、よく知らなくても「(質が)違うな」と感じるだろう。

 東芝もサントリーも、開幕戦への思い入れを強く感じた。だが、前半29分にFL西川が退場になったことで、サントリーは出はなをくじかれた。東芝はしっかり準備していた印象で、FWに力強さがあった。

 注目のリーチは、まだ本調子ではない。ボールを持ったときに起こる“リーチコール”が、「リー」の時にはタックルで止められていた。もっとボールを運んで「リーチコール」を響かせてほしい。

 日本代表の選手は人気継続のため、テレビ出演などに尽力してくれた。試合が始まり、彼らもスイッチが入ったと思う。まだ初戦が終わったばかりだけに、これからが楽しみだ。

試合日程へ勝敗表へ

  • ラインアウトで競り合う東芝のリーチら。秩父宮ラグビー場は2万1564人の観客で満員となった
  • 埼玉・熊谷ラグビー場は1万7722人の観衆でスタンドが埋まった
  • 入場するラグビーファン=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
  • 試合が終わればノーサイド記念撮影=熊谷(撮影・塩浦孝明)
  • バスを待つ人々で混み合う熊谷駅前=熊谷(撮影・塩浦孝明)
  • 2万3004人で埋まった神戸ユニバー記念競技場